「早漏でごめんね…」

新着記事一覧

この機会に、美味しい入れ方や種類などお茶に関する知識を補ってみましょう。

早漏(そうろう)とは、
性交時の射精に至るまでの時間が本人の意思に反して
過度に短くなる事を指します。

お互いに楽しめる性行為を目指し、
ここのサイトでは様々な方法をお教えします。

頭を抱えているスーツ姿の男性

早漏は精神的なことが原因で起こることがあります。ストレスは心配事を抱えたり、性行為に慣れていない人やトラウマを持っているとすぐに射精してします。
この場合は原因となっている物を解決しなければなりません。
女性との性行為に不慣れで、短時間で自慰行為をする人は自律神経の一つである交感神経を活発に働かせるので、射精を早めます。
肉体的な早漏の原因は包茎が挙げられます。日本人はおよそ6割が包茎で、包皮が亀頭に常にかぶっているため、日常的に亀頭が刺激を受けることがありません。
仮性包茎であれば剥いて挿入できますが、刺激に慣れていない亀頭が女性器に触れることで我慢できなくなります。包茎治療には専用の器具や包皮が向ける癖をつけるなどありますが、最も確実なのが外科的手術です。
またいくつかの病気を持っていると早漏になります。前立腺肥大などで炎症を起こすと陰茎や精嚢が十分に機能しません。
慢性尿道炎や尿道感染症などの気質的な原因も考えられます。これらの病気を持つ場合はその治療をしてから早漏治療を始めると効果が出やすいです。
オランダのユトレヒト大学では、遺伝的な要因の存在を突き止めています。研究によると早漏の男性は男性ホルモンの一種であるセロトニンを制御する遺伝子に変異があります。
セロトニンは絶頂に達するタイミングをコントロールする働きがありますが、ある遺伝子を持つとセロトニンが活発に働かないため通常の2倍の速度で射精してしまいます。
今後セロトニンを活性化せる薬が開発される予定です。早漏は様々な原因が組み合わさっていることが多いので、身体的な治療のみにとどまらず性行為に自信を持つなど精神的余裕を得ることが大切です。