「早漏でごめんね…」

早漏は男らしさとプライドを損なう症状

実は早漏で悩んでいるという人は少なくないのではないでしょうか?例えば、男性なら男らしさをアピールする場合、またそれが性交渉の場面だった場合、少しでも彼女を喜ばせ満足をさせるようなセックスをするということが一つのポイントになることでしょう。
しかし、自分の予測に反して、早くに射精をしてしまう。
早漏であるという状況が続いてしまうと、女性にセックスの際に男らしさを見せることが出来ません。
そのために男性としてプライドを傷つけられることもあるのです。
女性も好きな男性に思いやりを持って接しているので、早漏であることを直接指摘することは少ないでしょう。
しかし、時には性交渉に満足できないことを雰囲気で感じてしまうこともあります。
そのようなプライドの喪失は、早漏を更に悪化させることにもなるのです。
状況が悪化すると、早漏だけではなく、EDという勃起不全を併発してしまう可能性だってあるのです。
そのような状況にならないために、少しでも男らしさ、そしてプライドを見せることが出来るために、内服治療などをする男性も少なくありません。
その場合に、泌尿器科や性に関する専門クリニックなどを訪れて、診察、そしてカウンセリングを受けることから始まります。
そして治療はおもに内服治療を行いますね。
また精神的な問題がある場合には個人的なカウンセリングなどを受けて心理療法で改善を図っていく場合もあります。
早漏は、あまり人にも相談できないことですし、相談するのが恥ずかしい、また人に知られるのが嫌だという人もいるでしょう。
しかし問題を抱えているだけでは改善にはつながらないのです。
勇気を持って相談をする。
そしてパートナーのために治療をしてみようという意志が大切です。