「早漏でごめんね…」

早漏をトレーニングで治そう

ドクダミ

早漏、いわゆる男性が性行為をする前に、精液が出ることです。主に性行為の経験の浅い人にみられます。また初めて性行為をする人にも多く見られます。
昔から早漏は異性から嫌われて、男性として失格だ、といったことがもてはやされています。今でもその傾向はあります。
そのため性行為に対して自信を無くし、異性との付き合いに対して奥手になっていくという、悪循環が繰り返されます。
早漏を克服したいがために、雑誌で紹介されている早漏防止用のパンツを買う人が少なくないようです。
また早漏防止に、ドクダミを煎じたものを飲むといいと言われていますが、科学的根拠はないようです。
誰がいつからそのようなことを言ったのか知りませんが、おそらくドクダミは昔から民間薬として、腹痛や胃腸薬として使われていますので、そのへんがこじれてきて早漏を改善してくれるという噂がひろまったものと考えます。
ドクダミ茶はお店で売られていますが、早漏のために購入される方はほとんどいないのではないかと考えます。お茶同様体にはいいですので、毎日飲まれてもいいです。
やはり慣れが必要だと考えるので、オナニーするさい、大きくなった陰茎をどこまで保つことができるのかを調べてみるといいかもしれません。
早漏を防止するには大きくなった陰茎を何度もさするのです。長くさすって保つことができるようにしましょう。精液が早く出てきてしまうとアウトです。精液の出てくるのを遅くするのです。できるだけ遅くしたほうがいいいです。
ためしに風俗で実践してみるといいかもしれません。風俗汝は男性の気持ちのいいところを知っていますので、もし風俗で成功したら、自分の彼女に自信を持ってアタックしてみてください。